本文へスキップ

横浜駅徒歩4分の形成外科・皮膚科、横浜西口スカイクリニックです。

ご予約・お問い合わせはTEL 045-326-2777

〒220-0005 横浜市西区南幸2-7-9藤本ビル2F

シミ取りFreckle

Q. シミにはどんな治療法がありますか?


当院では次の治療法を行っています。
  レーザー治療
  フラッシュランプ治療
  ケミカルピーリング
  イオン導入
  外用薬 

一番よい治療法はシミの症状によって変わります。
また、必要な通院回数、治療後に化粧が出来るかなど、
個人的な都合もよく相談して決めましょう。


Q. レーザーでシミは本当に治りますか?


当院ではシミに対して、レーザー治療を行っています。

レーザー治療は魔法の治療と思われがちですが、
「シミにレーザーを当てるだけ」
というほど単純なものではありません。

レーザーの当て方にもいろいろあり、
シミの状態に合わせ、
適切なレーザー治療を実施することが重要です。

 
 シミ取りレーザー照射                           


【治療例1】
頬の中央に目立つシミがあります。
でもよく見ると、こめかみやほうれい線にもシミがあります。
このような症状の時は、目立つシミだけに気を取られずに、
顔全体にレーザー治療をするとよい結果が得られます。

顔全体にレーザーを当てる場合は、
治療後すぐにお化粧ができるよう、
通常よりレーザーをソフトに当て、合計5〜10回治療します。

顔全体が明るくなりました。
また、頬(小鼻の横)の小じわ・たるみ、鼻の毛穴の開きも改善されています。

上記治療は、QスイッチYAGレーザーを1064nmの波長で照射。
1〜4週間に1回、合計8回治療。
費用合計:1回24,000円(税別)x8回。
治療のリスクと副作用:点状紅斑や白くなりすぎる部位が出る可能性がある。



【治療例2】
症例1よりも境界のはっきりしたシミです。
このような症状には、ここだけにレーザーを当てます。
境界のはっきりしたシミのレーザー

治療後1〜2週間は、シミが黒くなります。
レーザーでシミが黒く変化

シミが黒くなっている間は、肌色のテープで保護します。
お化粧や洗顔はテープのすぐ横まで出来ます。


1〜2週間後に受診、
テープをはがすと黒い皮の下に
新しい肌が生まれています(効果には個人差があります)。
レーザー後14日

レーザーで皮膚が新生

レーザー照射は1回で終了になります。
上記はQスイッチYAGレーザーを532nmの波長で照射。
照射回数1回、通院回数2回、治療費15,960円(シミの大きさにより変動)
リスク・副作用:シミの残存

シミがたくさんある場合、シミの場所がはっきりしない場合は、
【症例1】の治療法が適します。
レーザー治療は、
シミの状態にあった治療方針を立てることが一番重要です。



   




横浜西口スカイクリニック横浜西口スカイクリニック

ご予約・お問合せは
TEL 045-326-2777